ネットで自動車保険を申し込むことのメリット・デメリット

  • 2019年5月29日

【メリット1】人件費の分だけ保険料が安い

従来、保険業には多大な人件費がかかっていました。窓口でお客さんと対面する人、積極的に営業に行って契約を取ってくる人が必要だったからです。しかし、インターネットから保険の申し込みができるようになると、保険業者はそんな人たちの人件費を減らすことができます。そしてその分、保険料を下げることができるのです。

ですから、ネットで自動車保険を申し込むメリットの1つは、価格の安さです。これは、対面での保険販売と比べて、大きな差となるでしょう。

【メリット2】セールスを気にせず保険を選べる

また、「ついつい保険屋さんのセールスにつられて、余分な保険に入ってしまった」という経験をお持ちの方はいないでしょうか?対面し、その人と打ち解けてしまうと、すすめられた保険を断りづらいのも人情というものです。

しかし、ネットでの保険申し込みには、そのようなプロセスがありません。自分で調べて、自分で決めて、能動的に加入するのが、ネットでの保険申し込みなのです。ですから、対人でのセールスを気にせず保険を選べるという点が、ネットで自動車保険を申し込むメリットの2つめだといえるのではないでしょうか。

【デメリット】自分で調べて、決めなければならない

一方、ネットで自動車保険を申し込む際のデメリットとしては、「自分で調べて、決めなければならない」という点が挙げられます。それは面倒だと感じる人もいるでしょうが、ネット申し込みの場合は、対面してじっくりと話を聞いてくれ、商品をおすすめしてくれるセールスの人はいないのです。また、疑問点があっても自分で調べたり問い合わせをしたりする必要があります。すぐに答えが得られない場合もあるでしょう。ネットでの自動車保険の申し込みには、そういったデメリットもあるといえるのです。

日常生活に欠かさない車の運転ですが、自動車保険は万が一事故を起こしてしまった際に、心強いサポートをしてくれます。サポート内容も様々なので自分に合ったプランで保険に入ることができます。